overview

事業概要

全国高速道路建設協議会は、地域の自立と交流の一層の推進や大都市等の交通混雑を解消するため、「高速道路ネットワーク1万4000キロの高速道路が、計画的にかつ最も合理的な方法で整備される」ことを目的に設立されました。全国の促進団体で構成され、会員は47都道府県知事と議会議長等からなり、相互に連絡協調を図りながら、高速道路の建設、改築等の事業が速やかに推進にされるよう促進活動を展開しております。
沿革は、東北、中央、北陸、中国、九州縦貫自動車道の5促進団体が一つにまとまり、1965年10月20日に発足、現在、北は北海道から南は九州・沖縄までの45促進団体が加盟しており、一丸となって高速道路の事業推進に必要な財源の確保や新たな路線の決定等に必要な支援活動を行っております。
このような全国的な組織としましては、道路整備促進期成同盟会全国協議会、全国道路利用者会議、全国街路事業促進協議会があり、それぞれの立場で促進活動を展開しております。

2018年度の事業活動

概要

5月21日 春季全体幹事会と意見交換会=47都道府県の幹事が出席。国土交通省の高速道路課長と国道・技術課長、高速道路機構、NEXCO東日本、中日本、西日本、本四高速の幹部等を交えての意見交換会を開催。幹事会では、平成30年度事業報告及び収支決算案、平成30年度事業計画及び収支予算案、第54回総会運営等について協議し、原案通り正副会長会に提出することを承認した。
5月29日 第54回総会後の特別要望=総会終了後、会長の尾﨑正直高知県知事と副会長の鈴木英敬三重県知事、監事の平井伸冶鳥取県知事、理事の西脇隆俊京都府知事は、衆議院内官房長官室で菅義偉官房長官と面談、その後、尾﨑会長と西脇理事が自民党本部政調会長室で岸田文雄政調会長と、国土交通省では、尾﨑会長と平井監事が石井啓一国土交通大臣と面談し、総会決議を手交。平成31年度道路予算の拡大を要請した。
6月25日

講演会=NPO法人「道路の安全性向上協議会」の他、「東日本大震災復興対策等貢献協議会」や「高速道路友の会」との共催で、横浜国立大学 前川宏一都市イノベーション研究院教授、NEXCO中日本 上東泰技術・建設本部技術支援部長を講師に迎え、「高速道路の今後の維持管理」をテーマに講演会を開催した。

10月31日

秋季全体幹事会と意見交換会=47都道府県の幹事が出席。国土交通省の高速道路課長と国道・技術課長を交えての意見交換会を開催。幹事会では、平成31年度予算編成に向けた特別要望など今後の活動方針等について協議した。

11月19日

特別要望=平成31年度予算編成が大詰めを迎える中、会長の尾﨑正直高知県知事と副会長の鈴木英敬三重県知事は、財務省で麻生太郎大臣、自民党本部で岸田文雄政調会長と加藤勝信総務会長に面談し、高速道路整備の着実な推進のため、平成31年度の予算確保と平成30年度補正予算の早期成立と共に新たな財源の創設を求める特別要望を実施した。

11月19日

講演会=NPO法人「道路の安全性向上協議会」の他、「東日本大震災復興対策等貢献協議会」や「高速道路友の会」との共催で、立命館大学 土岐憲三特別研究フェロー、NEXCO西日本取締役常務執行役員 北村弘和保全サービス事業本部長を講師に迎え、「高速道路の防災・減災」をテーマに講演会を開催した。

12月6日

講演会=NPO法人「道路の安全性向上協議会」の他、「東日本大震災復興対策等貢献協議会」や「高速道路友の会」との共催で、NPO法人高齢者安全運転支援研究会 岩越和紀理事長と両角岳彦自動車・科学技術評論家を講師に迎え、「高齢者の安全運転とクルマの近未来」をテーマに講演会を開催した。

3月12日

講演会=NPO法人「道路の安全性向上協議会」の他、「東日本大震災復興対策等貢献協議会」や「高速道路友の会」との共催で、NEXCO西日本取締役常務執行役員 北村弘和保全サービス事業本部長、NPO法人道路の安全性向上協議会 大田孝二理事を講師に迎え、「高速道路の災害対応と大規模更新」をテーマに講演会を開催した。

2019年度の活動方針

基本目標

高規格幹線道路網1万4000kmは、国民の安全・安心を守る強靭な国土を形成し、更には国際競争力の強化、地域連携等に資するものであり、国の責任で最優先に取り組むべき重要な社会基盤施設である。14000kmを国家戦略として重点的に整備することは地方の総意であるにもかかわらず、未だ多くのミッシングリンクが残されているのが現状である。

東日本大震災の教訓を踏まえ、今後想定される東海・東南海・南海地震、首都圏直下型地震に備えるためにも、災害に強い国土軸を形成することは喫緊の課題である。本協議会では、ミッシングリンク解消による高規格幹線道路ネットワークの早期完成、暫定2車線の4車線化、高速道路の老朽化対策、スマートICなど簡易ICの増設等による高速道路機能の向上等に向け、構成46団体との連携のもと、政府・関係機関への政策提言等を通じ、総力を挙げて整備促進活動を積極的に展開していくこととする。

活動概要

  • 第55回総会の開催
  • 正副会長会議の開催
  • 道路整備の促進を求める全国大会の開催
  • 要請活動
  • 幹事会及び運営幹事会の開催
  • スマート・追加IC等事業推進委員会の開催
  • 講演会の開催
  • 情報提供業務
  • 事業活動の拡大と組織の拡充
  • 啓発、宣伝活動の推進
  • その他